建設業経理士CPD講習

建設業経理士CPD講習

トップページ  > 建設業経理士CPD講習とは  > 受講対象者・講習受講の目安

受講対象者・講習受講の目安

登録経理試験 1級・2級 合格者へ

1級・2級登録講習会を受講された方(登録経理試験 1級・2級合格者)へ

受講対象者

受講対象者について
① 登録経理試験 1級 合格者
② 登録経理試験 2級 合格者
③ 1級・2級 建設業経理士登録講習会を受講された方(建設業経理検定1級・2級合格者)

登録経理試験 1級・2級 合格者

登録経理
試験年度
合格証明書記載の
合格年月日
経営事項審査における
登録経理試験有効期限
建設業経理士CPD講習受講の目安
~平成29年度
(上期試験まで)
~平成29年11月まで 令和5年3月末 令和5年4月1日以降に経営事項審査で加点されるためには、令和5年3月31日までに講習の受講(合格)をお勧めします。
(※1)(※2)
平成29年度
(下期試験)
平成30年5月 令和6年3月末 令和6年4月1日以降に経営事項審査で加点されるためには、令和6年3月31日までに講習の受講(合格)をお勧めします。
(※1)
平成30年度
(上期試験)
平成30年11月
平成30年度
(下期試験)
令和元年5月 令和7年3月末 令和7年4月1日以降に経営事項審査で加点されるためには、令和7年3月31日までに講習の受講(合格)をお勧めします。
(※1)
平成31年度
(上期試験)
令和元年11月
平成31年度※令和元年
(下期試験)
令和2年5月 令和8年3月末 令和8年4月1日以降に経営事項審査で加点されるためには、令和8年3月31日までに講習の受講(合格)をお勧めします。
(※1)
令和2年度
(上期試験)
令和2年11月
令和2年度
(下期試験)
令和3年5月 令和9年3月末 令和9年4月1日以降に経営事項審査で加点されるためには、令和9年3月31日までに講習の受講(合格)をお勧めします。
(※1)
令和3年度
(上期試験)
令和3年11月
令和3年度
(下期試験)
令和4年5月 令和10年3月末 令和10年4月1日以降に経営事項審査で加点されるためには、令和10年3月31日までに講習の受講(合格)をお勧めします。
(※1)
(※1)建設業経理検定資格自体には有効期限はありません。(一度合格すれば生涯有効です)
(※2)所属企業の経営事項審査における審査基準日以前の受講修了証が必要となります。
▲上に戻る

1級・2級登録講習会を受講された方(登録経理試験 1級・2級合格者)

1級・2級登録講習会
受講年度
経営事項審査における
「1・2級登録講習会」有効期限
「建設業経理士CPD講習」受講の目安
~平成28年度 令和4年3月31日までを審査基準日とする経営事項審査において評価対象 登録経理試験の合格により令和5年3月31日迄は加点対象となります。令和5年4月1日以降に経営事項審査で加点対象となるためには令和5年3月31日までに登録経理講習の受講(合格)をお勧めします。
平成29年度 令和5年3月31日までを審査基準日とする経営事項審査において評価対象 令和5年4月1日以降に経営事項審査で加点対象となるためには、左記日付までに建設業経理士CPD講習の受講(合格)をお勧めします。
平成30年度 令和6年3月31日までを審査基準日とする経営事項審査において評価対象 令和6年4月1日以降に経営事項審査で加点対象となるためには、左記日付までに建設業経理士CPD講習の受講(合格)をお勧めします。
平成31年度
(令和元年度)
令和7年3月31日までを審査基準日とする経営事項審査において評価対象 令和7年4月1日以降に経営事項審査で加点対象となるためには、左記日付までに建設業経理士CPD講習の受講(合格)をお勧めします。
令和2年度 令和8年3月31日までを審査基準日とする経営事項審査において評価対象 令和8年4月1日以降に経営事項審査で加点対象となるためには、左記日付までに建設業経理士CPD講習の受講(合格)をお勧めします。
令和3年度 令和9年3月31日までを審査基準日とする経営事項審査において評価対象 令和9年4月1日以降に経営事項審査で加点対象となるためには、左記日付までに建設業経理士CPD講習の受講(合格)をお勧めします。
▲上に戻る
Copyright © 2022 一般財団法人建設業振興基金 All Rights Reserved.